×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



トップへモドル
たのしい道具のイラスト&コラム
あなろぐ倶楽部 BlueBlack
足踏み式ベルトエンジン

足踏み式ベルトエンジン足踏みミシン足踏み糸鋸に続く足踏みシリーズです

歯医者さんで歯を削るアレです
もちろん昔のモノです

エンジンといってもガソリンを入れて動かすモノではなく動力を指す言葉
電気モーターで動くモノを電気式エンジン
足踏みミシンも足踏み糸鋸も実は足踏みエンジンてことですね


今回は足踏みで動かしベルトで動力を伝える切削器です

足でキコキコこぎながら歯を治療するとっても怖い道具
歯科医療用に開発された足踏みエンジンは1871年にモリソンがを発明

明治の日本にも入ってきており大正、昭和の戦前まで使われていた様です
そして電気エンジン、オイルタービン、エアタービンと進化を遂げます

たしかに治療に使うのに低速回転でガリガリと削られるのはかなり痛い
手動から足踏みになったといってもたいした違いは無いような気がします
想像を絶するモノでしょう
怖いですね、恐ろしいですね
そう考えると音は嫌いだが高速回転でキュイーンと一気にやってほしいです
でもやりすぎぬよう最小限でお願いします

足踏み式ベルトエンジンですがまだまだ使い道はある
工作にはもってこいですよ、きっと
キーンとうるさいモーター音もしないしベルトの付いたアームも素敵
なんとハンドピーズに付けるバーとか、ポイントのサイズが現在のモノと同じでそのまんま使えるそうです

アームが素敵なベルトエンジンは入歯などの技工用に電気式ですが辛うじて手に入るみたいです・・たぶん
一度、匠の仕事場で目にして惚れましたね
アクセサリーを磨いたり細かい作業にはいいと思うんですが場所を取るためか今はあまり見かけなくなりました

足踏み式のモノはさすがに情報も少ないし実物も博物館クラス
こんな道具が仕事場にあったらいいなって感じの憧れですね






表紙へ 足踏みミシンへ


ご覧になる作品は、すべて作家が著作権を有しているため、許可なく転載、改変その他類似の行為を禁じます。
All rights reserved. Copyright FUWARI