×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



トップへモドル
たのしい道具のイラスト&コラム
あなろぐ倶楽部 BlueBlack
湿気トリのたまご

湿気トリのたまご家には何箇所か湿気が気になるところがある

そんな時は除湿機や除湿剤が便利です

これは機密性が上がり、建築部材が変わった影響も少なからずある気がします

昔の家は木や土壁、畳や床下の風通しなど家そのものでその機能を果たしていたのではないでしょうか

すばらしいっすね

そうはいってもそんな家なかなか住めるものでもありません

電気を使わずしかも使い捨てずに除湿する道具はないモノかと調べてみました
非電化冷蔵庫非電化工房で除湿機もありました

塩化カルシウムを使った除湿機で2日かけて1〜1.5リットルくらいは湿気を吸い
部屋全体を除湿してくれそうですね
青だった色が湿気を吸い取るとピンク色に変わります
天日干しすれば何度でも利用ができるそうです

そしてもうひとつ
タマゴのデザインがかわいい除湿器
その名も「湿気トリのたまご」
小さめの空間で活躍しそうです
こちらはシリカゲルを使って除湿
タマゴ型の素焼きの陶器にシリカゲルが入っていて約60〜80ccできるそうです
吸水力が落ちたら湿気サインが青からピンクに変わる

ちなみにこれは塩化コバルトが塗られているからなんだそうです
塩化コバルトは乾燥時は青で水分を含むとピンクに変わる性質があります
お菓子の中の乾燥剤シリカゲルのなかに青い粒がまざってたりするアレです
簡易湿度計なんかにも使われています

ピンクのサインが出たらタマゴを電子レンジで10分加熱で何度でも利用
このとき本体はかなり熱くなるので火傷に注意

こちらも天日干しでできたらベストなんでですがシリカゲルは水との結合が強く高温で熱さないと外れません
残念ながらで天日では吸水力はあまり蘇りません
電子レンジを使いますが一応アナログ道具ってことで

発売元が株式会社アイアンでしたが今は株式会社アサヒに
そっくりな「ドライエッグ」ってのもあり同じ商品かとおもったら発売元が違っていたので違うらしい
「ドライエッグ」は日本オムニグロー株式会社
いやほんとそっくりなんですって

しかしどちらも「水がこんなにとれた!」的な視覚の満足感が少ないのがさびしいところですね






表紙へ 非電化冷蔵庫へ てりふり人形へ


ご覧になる作品は、すべて作家が著作権を有しているため、許可なく転載、改変その他類似の行為を禁じます。
All rights reserved. Copyright FUWARI